スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京王杯SCの登録馬

京王杯SCの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は向正面直線の真ん中付近。スタート直後の3コーナー手前で緩やかな昇り坂があり、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。東京芝コースは最後の直線のなだらかな坂(高低差2.1m)ばかりに注目が集まっているが、この部分も起伏に富んでおり、競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。フルゲートは時期によって異なる。一般の1回開催(2月)は16頭で、それ以外の開催は18頭。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.2-11.8-34.7=1.21.7。前半3ハロンより、後半3ハロンの時計が速いのが特徴。最後の直線が長い分、京都や阪神の芝1400mよりもペースは落ち着きやすい。したがって、上がりの速さが問われることになる。古馬G2の京王杯SCを見てもわかるように、スピード能力が高いスプリンターより決め手があるマイラーの方が勝ちやすい。スタートして間もなくカーブがあるが、内枠が特に有利というわけではない。外枠でも勝負になる。脚質的には先行と差しが互角。逃げ切るには馬場やペースの恩恵が必要。速い上がりに自信があれば追い込み型でも勝負になる。種牡馬成績はサクラバクシンオーが筆頭。続くのがヘイロー系のフジキセキ、アグネスタキオン、ダンスインザダーク、タイキシャトル。ミスタープロスペクター系ならばマイネルラヴに注目。

【過去10年の優勝馬】

京王杯SC過去10年の優勝馬
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/600-bbf8a521

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。