スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

青葉賞の登録馬

青葉賞の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 中央競馬を代表する主要コース。日本ダービーやジャパンCが行われる舞台である。スタートは正面スタンド前直線から。スタート後、平坦のホームストレッチを走り、ゴール板を一度通過。そこからグルリとコースを一周する。最初の1コーナーまでの距離は約350m(Aコース時)。1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。フルゲートは時期によって異なる。一般の1回開催(2月)は16頭。それ以外の開催は18頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.4-37.9-37.3-35.2=2.26.8。序盤はポジション取りのため少しペースが流れるが、向正面に入ると落ち着く。全体的にはスローペースで、最後の直線勝負が基本。G1競走でも飛ばす馬がいなければペースはかなり遅くなる。全馬が力をフルに発揮できるコース形態で、瞬発力とスタミナの両方をバランスよく持ち合わせている馬でないと勝つのは難しい。ただし、近年はインコースを通る馬の伸びが止まらない傾向が強く、逃げ切り勝ちも案外多い。勝ち鞍、連対馬の数では差し馬が最も多くなっているが、穴を狙うならば逃げ粘り。追い込みは苦戦傾向。馬場条件の影響で枠順も中~内枠が有利。多頭数の大外は不利。12頭前後ぐらいの8枠ならば問題なし。種牡馬成績はサンデーサイレンス系ならばダンスインザダーク、アグネスタキオン、アドマイヤベガ、スペシャルウィークら。グレイソヴリン系ならばジャングルポケット、スターオブコジーン。ロベルト系ならばタニノギムレット、グラスワンダーらが、差がなく上位。

【過去10年の優勝馬】

青葉賞過去10年の優勝馬
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/586-1dd1f672

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。