スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アンタレスSの登録馬

アンタレスSの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点はスタンド前の直線半ば付近。1コーナーまでの距離は約280m。そこから2コーナーへと続き、バックストレッチは約400m。ラスト1000m付近の中盤で、高低差3.0mのなだらかな坂を上る。芝コースと同様に3コーナー入口が坂の頂上で、3~4コーナーの下り坂を経て直線へ。最後の直線は平坦コースで329m。フルゲートは16頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.7-38.3-37.4=1.52.4。スタート後の直線が短いため、先手争いは重要。スタート後から2コーナーまでは各馬ポジションの探り合いとなり、中団より前に位置したい。ペースが落ち着くのはバックストレッチに入ってから。そして3コーナー出口付近からペースは上がる。差し、追い込み勢は直線に向いてからでは厳しく、ここでマクリ気味に上がりたい。枠順はやや中枠が良いが、それほど気にする必要はない。それ以上に、脚質が重要な要素を占める。種牡馬成績は、ブライアンズタイム、クロフネ、シンボリクリスエス、フジキセキ、スペシャルウィークらが上位を占めており、芝も得意な種牡馬が優秀な成績を収めている。

【過去10年の優勝馬】

アンタレスS過去10年の優勝馬
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/579-ca0715a6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。