スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

阪神牝馬Sの登録馬

阪神牝馬Sの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は向正面左、2コーナー出口付近のポケット。芝1400mの競走は外回りでも取れるが、通常は内回りコース使用。3コーナーまでの距離は芝1200mをそのまま延長した443m。最初のコーナーまで十分に距離はあるが、スタート直後は各馬押して出て行くため、先行争いは激しくなる。最後の直線距離はAコース時が356.5m、Bコース時が359.1m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、34.4-11.6-35.6=1.21.6。最初の3ハロンが34.4と、前半は芝1200m並の速さで流れる。そして、中盤の1ハロンも11.6と、息が入りにくく、後半3ハロンが35.6。ゴール前に急坂が待ち構えていることもあり、ラスト1ハロンの時計がグッとかかる。下級条件では稀にスローペースになることがあるが、上級クラスではほぼ確実に前傾ラップになる。そのため、芝1200mに比べて逃げ馬が残る確率は格段に減る。先行タイプでもいいが、差し・追い込み馬の好走も多い。枠順は真ん中が若干有利で、あとはほぼフラット。種牡馬はヘイロー系が圧倒。中でもダンスインザダークは勝ち鞍数、回収率ともに優秀。ジョリーダンス(阪神牝馬S2勝)、マルカフェニックス(阪神C)と重賞ウイナーを出している。あとはアグネスタキオン、フジキセキ、タイキシャトル。その他の系統では、アフリート、キングマンボ、グラスワンダーが好調。芝1200mで優秀だったサクラバクシンオーは、勝ち鞍はまずまずだが回収率がガクンと下がるので注意。

【過去10年の優勝馬】

阪神牝馬S過去10年の成績
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/566-24deeffe

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。