スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

マーチSの登録馬

マーチSの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は正面スタンド前直線の右。スタートしてすぐに上り坂がある。1コーナーまでの距離は303m。ゴール板を通り過ぎてからダートコースをグルリと一周。最後の直線距離は352.5m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、37.0-38.0-37.6=1.52.6。ダート戦特有の傾向として、1800mでも前半の3ハロンが最も速くなるが、中距離になるとレースによってバラツキが出てくる。速いと36秒台、スローペースになると38秒台で最初の600mを入る。中盤で少し息が入り、後半の勝負へ。最初の1コーナーまでの距離は、京都ダート1800mよりも若干長めだが、その分外からも先手を奪いたい馬が殺到。前へ行きたいのに内枠で出脚が悪いと、詰まって位置取りが悪くなる。ちょうど京都ダート1800mとは対照的に1枠が不利で、8枠がやや有利。少頭数だとあまり関係ないが、多頭数になると逃げ、先行馬は中~外枠の方が競馬がしやすい。脚質は基本的には先行有利だが、派手なマクリ差しが決まることもある。上のクラスで道中のペースが厳しいと、特に差しが決まりやすい。種牡馬成績はブライアンズタイムを筆頭にロベルト系との相性が良く、回収率も高め。あとは、フジキセキ、カリズマティック、アグネスタキオン、クロフネ、ワイルドラッシュが好成績。

【過去10年の優勝馬】

 今年は阪神代替開催のため割愛。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/564-12525f17

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。