スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ダービー卿CT予想

ダービー卿CT予想
※オッズは12時56分現在、マイニングは当日値

 キングストリートは前走の圧勝でハンデが57.5キロと見込まれた。
東京新聞杯の予想では、ニューイヤーSの敗因に坂の影響が挙げられていたことと、競馬予想TV!でキングカメハメハ産駒は中山・阪神の急坂マイルで成績が落ちると紹介されていたデータが合致したので△を入れておいたが、その意味では今回の条件替わりはマイナス。
しかも昨秋~年始にかけて直接対決で敗れている馬に対して当時より斤量差が悪化しており、1番人気で単勝を買うにはリスクとリターンが見合わない感じ。

 本命はスマートステージ。
キャピタルSが同斤でキングストリートに0.2秒先着、それが今回は3.5キロのハンデ差。
縦長、内伸び、前残りの京都金杯は4角最後方で全く届かなかったが、小倉大賞典でも向正面から押し上げていく競馬で崩れずに入着まで持ってきており、展開待ちタイプながらも堅実には走っている。
GⅠ好走歴やコース実績を満たした馬ではないので、昨日のレディアルバローザほど自信度の高いタイプではないが、ハンデに恵まれた馬を探すならこの馬あたりだろうか。

 ダンツホウテイは北村友で2-1-0-0/3。
昨秋から本田厩舎では3-3-1-1-0-1/9と良績を残しており、継続騎乗は馬が好調ならばこそか。
この馬もファイナルSではキングストリートに1キロ貰って0.4秒先着しており、今回のハンデ差が2.5キロあれば再度先着できてもおかしくない。
あとは馬場が速いので時計勝負を苦にしないタイプに流しておく。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/562-425af18c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。