スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

毎日杯予想

毎日杯予想
※オッズは11時45分現在、マイニングは当日値

 前日のスプリングS、フラワーCがともに中盤3Fが緩むバランス。
前後3Fでは後半が速かったスプリングSは中団差し、前半が速かったフラワーCは後方差しが決まり、逃げ・番手あたりで展開した馬はグランプリボス、マイネイサベル等を含めて残れなかった。
1キロ重いレッドデイヴィスや前日に厩舎がGⅡ勝ちしているトーセンレーヴは前に行く脚質なので、控えなかった場合にそのまま勝ち切れるかは馬場的に微妙なところ。
上がりが掛かるバランスになればフラワーCをダート実績馬が勝ったように、切れよりもパワーで差してくるタイプが台頭してくる可能性もある。

 スマートロビンはスタートの良くない馬だが、行き脚がつかずに後方待機という訳ではなく、中団あたりで競馬ができるのは返って好都合なのかも。
能力自体はエリカ賞でユニバーサルバンク、トーセンラーを押さえているので低くないはずだし、ディープインパクト産駒が苦手の中山をノーカウント、前走は距離が短かったので、条件も好転している。
道中息が入って、3Fぐらい速い脚を繋ぐ競馬なら十分に対応できる。

 穴はフラワーCの再現を警戒して初芝のボレアス。
ディープインパクト産駒は40頭以上が勝ち上がっているが、ダートで勝っているのはこの馬だけ。
そこまで極端な成績の種牡馬の仔がまったく芝がダメとは決め付けられない。
ヒヤシンスSでボレアスから0.9秒離されたホッコーガンバが上がり勝負になったスプリングSで0.8秒差。
毎日杯のメンバーレベルがスプリングSより高いとは思えないし、展開が少しでもパワー寄りになってくれれば。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/551-72907dd9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。