スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フラワーCの登録馬

フラワーCの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 芝1600mのスタート地点からそのまま200mバックしたところがスタート地点。2コーナー出口付近のポケットからの発走で、内回りの芝1400mと同じ位置になる。しかし、外回りコース使用なので、最初のコーナー(3コーナー)まで600m以上もある。京都芝1800m(外回り)のコース形態に似ている。最後の直線距離はAコース時が473.6m、Bコース時が476.3m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.9-36.7-34.7=1.47.3。前半3ハロンは35.9とマイル戦とほぼ同じ流れ。先行争いが決着し、全体の隊列が決まった後、ペースが緩む。中盤の600mの平均は36.7で、12秒台半ばのラップが3つ続くことになる。ラスト3ハロンの平均は34.7と最も速く、最後は決め手勝負となる。ただし、1600万クラス以上になると多少道中が速くなる。オープン特別・重賞では、稀に厳しい流れになることある。基本的には後傾ラップだが、クラスが上がるにつれて例外も出てくる。ペースが遅ければ前残り、速くなれば差し・追い込み馬が台頭と、有利な脚質は流れによってメリハリが出てくる。枠順は大外の8枠の勝ち鞍が多い。ただ、連対率は2枠、6枠、8枠がほぼ互角。基本的にはフラットで、あとはその時の馬場状態による。種牡馬成績はマイル戦同様、ヘイルトゥリーズン系全般との相性が良い。アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、シンボリクリスエス、グラスワンダーらが好成績。

【過去10年の優勝馬】

 今年は阪神代替開催のため割愛。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/542-0650fb86

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。