スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

クイーンCの登録馬

クイーンCの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は向正面直線の右奥。最初の3コーナーまでの直線距離は約542m(Aコース時)。3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。フルゲートは時期によって異なる。一般の1回開催(2月)は16頭で、それ以外の開催は18頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.1-23.9-35.0=1.34.0。前後半の3ハロンはほぼイーブンになっているが、レースによって相当バラツキがある。逃げ、先行馬が揃えばハイペースになるし、そうでない場合は完全なスローペースになる。レースレベルの高さもペースに影響を及ぼしやすく、同じG1でも安田記念は非常に厳しい流れになるが、牝馬同士のヴィクトリアマイルはペースが緩みがちだ。最後の直線が長い分、ペースを問わず末脚の持続力が必要。マイル戦としては、日本一タフなコースで逃げ切るのは難しい。マイル以上の距離適性が求められ、中距離もこなせるスタミナを持つ馬の方が心強い。枠順は差し・追い込み馬はできれば外枠、逃げ・先行馬は内枠が欲しいが、全体的にはそれほど有利・不利はない。種牡馬成績はアグネスタキオン、マンハッタンカフェ、シンボリクリスエス、ダンスインザダーク、フレンチデピュティらが上位拮抗。

【過去10年の優勝馬】

クイーンC過去10年の優勝馬
※03年は中山代替開催のため割愛
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/502-845ab248

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。