スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

東京新聞杯予想

東京新聞杯予想
※オッズは1時38分現在、マイニングは当日値

 開幕日施行だった去年が1分32秒1の高速決着。
馬場レベルは同程度に見えるが、内伸びだった去年に比べると今年の開幕週は4角外の馬も届いていた。
31秒台はどうかだが、32秒台前半の争いにでもなるようなら時計的に間に合う馬は限られそう。

 本命はスマイルジャックで。
去年のこのレースは4角「中」、伸びる内を走れずに直線では挟まれる不利。
安田記念は道中8-10-14と内々にいて勝負処で動けず、直線勝負のイン差しで巻き返して0.1秒差。
マイルCSは前崩れのレコード決着を先行して0.3秒差。
ちゃんと噛み合うレースができれば、GⅢで単10倍は地力に対しておいしいオッズだと思うんだが。

 ◎→△→▲でズバリ的中した小倉大賞典予想では△についてコメントを書いていなかったが、バトルバニヤンとマヤノライジンに印を回したのは京都芝外回し馬一覧に載っていたから。
土曜日は他にも東京5Rでヤマニンリップルが9番人気(単51.2倍)で2着、小倉10Rでヒットメーカーが1番人気(単3.1倍)で1着など、リスト掲載馬の巻き返しがあった。

 好配を拾えている流れからもネオヴァンドームは押さえておきたい。
京都金杯ではショウリュウムーンやバトルバニヤンほど大外を回した訳ではないし、直線では馬を内に入れているので、前記2頭ほどには「馬場に泣かされた」感はないんだが。

 前が残るなら58キロのシルポートよりファイヤーフロートだろうか。
リーチザクラウンは売却してもこの馬はまだ手元に置いている臼田氏。
先の見えなくなった牡馬は転売しようにも二束三文だろうから、買い手を探している最中なのか、まだまだ稼げる見込みがあると踏んでいるのか。
後者であるならしばらく追い掛けていればどこかで的中を拾えるのでは。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/498-279d2940

【2011/02/06 06:51】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。