スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

小倉大賞典の登録馬

小倉大賞典の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は正面スタンド前の直線真ん中よりやや右。最初の1コーナーまでの距離は約272m。スタート後、100m弱進んだところでゴール板を通過。1~2コーナーは上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線距離はAコース時、Bコース時、Cコース時ともに293m。フルゲートは16頭。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.9-35.5-35.8=1.47.2。芝1700mほどスタートから激しく前で競ることはなく、平均ペースが基本。下のクラスだとスローペースの上がり勝負になることもある。そのため逃げ馬もかなり頑張れる。特に開催前半の芝状態が良好な時は、逃げ、先行馬から入るのがセオリー。重賞の小倉大賞典でも逃げ馬の活躍が目立っており、このコースの特徴をよく表している。一貫して淀みない流れになる場合は、マイラータイプの差し馬でも対応しやすくなる。芝2000mよりは差し、追い込み、マクリが決まりやすい。枠順は馬場状態がフラットの際には確実に内枠が有利。先行馬なら最初にコーナーに飛び込みやすいし、差し馬は内々で末脚を溜められる。ただし、内の馬場が悪化してくると中枠から外枠が有利になる。このコースも馬場、展開によるところが大きく、全般的に波乱傾向。種牡馬成績はヘイロー系が断然。ダンスインザダークを筆頭にタイキシャトル、スペシャルウィーク、アグネスタキオン、マンハッタンカフェらが上位。

【過去10年の優勝馬】

小倉大賞典過去10年の優勝馬
※10年は中京代替開催のため割愛
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/493-a96b714c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。