スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

きさらぎ賞の登録馬

きさらぎ賞の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は2コーナー奥のポケット。向正面の直線を目一杯使って行われる特殊なコースで、3コーナーまでの距離は約900m(Aコース)もある。そして向正面半ばから徐々に坂を上り、4コーナーにかけて下るというレイアウト。外回りのため高低差4.3m(内回りは3.1m)と勾配はキツい。最後の直線は平坦コースで、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。フルゲートは時期によって異なる。一般の1、2回開催(1、2月)は16頭。それ以外の開催は18頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.9-36.8-34.8=1.47.5。スタートから最初のコーナーまでの距離が長いため、前半はゆったり流れるケースが多い。そこで逃げ、先行馬が飛ばすと、かなり縦長な馬群になる。3コーナーのラスト800m付近から徐々にペースアップし、直線に向いてからは完全に瞬発力勝負。決め手のない馬は早めに動かなければならない。脚質は先行、差し有利。馬場が渋れば、逃げ馬にもチャンスはあるが、基本的に実力馬でないと逃げ切るのは困難だ。枠順はほぼフラットだが、1600m(外回り)同様、外枠からの方がレースは運びやすい。特に多頭数になるとその傾向は顕著だ。種牡馬成績はダンスインザダークがトップ。以下、スペシャルウィーク、アグネスタキオンらのヘイルトゥリーズン系が上位を占めている。

【過去10年の優勝馬】

きさらぎ賞過去10年の優勝馬
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/492-07f361f0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。