スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

根岸Sの登録馬

根岸Sの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 JRAでダート1400mが組まれているのは、東京、京都、阪神の3場あるが、純粋にダートコースを1400m走り切るのは当コースだけ。他は芝スタートとなっているからだ。当コースのスタート地点は向正面直線の右寄り。1300mのスタート地点からそのまま100m下がる。3コーナーまでの距離は約440m。しばらく進んだところで緩やかな上り坂が待ち構えている。3~4コーナーはほぼ平坦。最後の直線距離は501.6mで、日本のダートコースで最長距離を誇る。途中、緩やかな上り坂があるのも特徴だ。フルゲートは16頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.2-12.2-37.1=1.24.5。わずか100mの違いだが、東京1300mのレースとは別物。スプリンターに向いた1300mに対して、当コースは明確に距離適性が問われるし、差しも決まる。序盤からペースがグンと上がり、3~4コーナーでもスピードは緩まない。しかし、前半の主導権争いでひるんでいては勝負にならない。基本的には逃げ・先行が強いので、下級条件では先行力が一番のポイント。クラスが上がると差しも決まる。重賞・根岸Sは、差し馬の好走が多い。が、その場合でも馬群の大外を回わらされる馬は厳しい。中団の馬群の中で脚を溜め、できるだけ距離ロスを防いでいるシーンが多いはずだ。枠順はフラット。脚質、メンバーによって変わってくる。種牡馬成績はフレンチデピュティ、クロフネのヴァイスリージェント系2頭が二本柱。ミスタープロスペクター系ではアフリートを筆頭にフォーティナイナー、エンドスウィープ、スウェプトオーヴァーボードが好調。その他の系統ではフジキセキ、ブライアンズタイム、フサイチコンコルドと、ダートG1馬を輩出した血統がいいのが特徴。

【過去9回の優勝馬】

根岸S過去9回の勝ち馬
※03年は中山ダート1200mで施行
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/485-c7c4e44b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。