スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日経新春杯の登録馬

日経新春杯の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は4コーナー奥のポケット。1コーナーまで約600m(Aコース)の直線を駆け抜ける。そして2コーナーを回ると、約500mのバックストレッチ。そこで高低差4.3mの坂を上り、4コーナーにかけて下るというレイアウト。最後の直線は平坦コースで、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。フルゲートは時期によって異なる。一般の1、2回開催(1、2月)は16頭。それ以外の開催は18頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.4-38.0-37.7-35.7=2.26.3。スタート後に約600mの直線があるため、逃げ馬も無理なく先行できる。ペースは淡々と流れ、勝負どころは3コーナー過ぎ、坂の頂上付近。そこから徐々にペースアップする。ペースは遅くても、広々と競馬場を一周するので、実力馬が力を出しやすい。脚質的には先行、差し馬が強く、ゴールまでバテない渋とさが必要になる。枠順は内~中枠有利。種牡馬成績はダンスインザダーク、スペシャルウィーク、ステイゴールドのサンデーサイレンス系が上位を占めており、芝2200m(外回り)の種牡馬傾向と似ている。そしてジャングルポケットの成績が優秀なのも同様。他にはアフリート、ウォーエンブレムらが得意としている。

【過去10年の勝ち馬】

日経新春杯過去10年の勝ち馬
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/475-52c855f1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。