スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ファンタジーS予想

ファンタジーS
※オッズは8時09分現在、マイニングは当日値

 このレースの予想は、まずケイティーズジェムを買うか消すか。
ヒシアマゾン、アドマイヤムーン、スリープレスナイトの近親というディープインパクト産駒がデビュー勝ちを決めたんだから期待を集めるのも無理はない。
ラインクラフト、スイープトウショウ、プリモディーネなど、新馬→ファンタジーSと2連勝を決めた馬はGⅠ馬になっているので、大物と見込むなら先物買いする選択もある。

 ただし快勝の新馬戦は中盤2Fが26秒0という中弛みのマイル戦。
その分ラスト3Fは11.9-11.1-11.1という高速上がりになったが、時計自体は1分36秒9止まり。
08年のような中弛み戦になれば通用する余地はあるだろうが、上がり勝負しか経験のない距離短縮馬が人気になるのなら馬券的には評価を下げるのが妙味だろう。

 父サンデー系×母父Krisの配合は1800~2000mが主戦場で、マイル未満で勝ち鞍を挙げたのはネオユニヴァースの新馬戦(芝1400)とチューニーの新馬戦(芝1000)の2鞍だけ。
この配合で重賞を勝ったのも上記2頭だけだから、ここを能力でクリアするようなら前途洋々。
とはいえ基本的には短距離質のレースには向かない配合馬のはずだ。

 本命はホエールキャプチャ。
ヴァイスリージェント系が近5年で2-1-0-2/5と好相性で、逃げ切り困難なレース傾向を考えるとハナに行きそうなマルモセーラよりも今度は控えそうなホエールを軸に。
水曜の美浦坂路で1番時計を叩き出したが、ラスト2Fが12.2-11.4とかなり速い上がりをマーク。
初の長距離輸送でこれだけやる辺りは状態も悪くないんだろう。

 実績ではマイネイサベルだが、すでに重賞を勝っていて賞金は十分。
阪神JFよりもここがメイチという意思でもない限り、ここで頑張る必要性が全くないし、人気薄1着→人気薄1着と来た馬を人気サイドで本命にするのもスジが悪そうなので対抗まで。
あとは近5年の連対馬の前走別パターンを参考に△を回しておく。
 ①オープンで0.6秒差以内 4-3-2-14/23、単回453、複回152。
 ②りんどう賞連対 1-1-1-6/9、単回91、複回61。
 ③牡馬混合未勝利勝ち0-1-1-4/6、単回0、複回176。

 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/421-98710997

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。