スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スワンSの登録馬

スワンSの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は向正面左、2コーナー出口付近。2歳、3歳のオープンクラス、3歳以上の500万クラス以上のレースで使用される。内回りコース同様に3コーナーまでの直線は長いが、3~4コーナーのカーブが緩く、勾配がキツイのが特徴。高低差は4.3m(内回りは3.1m)になる。最後の直線は平坦コースで、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。フルゲートは時期によって異なる。一般の1、2回開催(1、2月)は16頭。それ以外の開催は18頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.1-11.7-34.7=1.21.5。1400m(内回り)と比較すると、外回りの方が直線は長い分、前半はゆっくり流れる。しかし、直線が404m(Aコース)と長いため、逃げ切るのは難しい。好走するのは先行、差し馬が多い。道中はやや縦長になるケースもあるが、3コーナーの下りから馬群は詰まる。4コーナーでは馬群が内、中、外に広がり、騎手のコース取りが明暗を分ける。馬場状態がフラットなら、後方勢も内をロスなく回るのがベストだ。枠順はやや最内枠が良いが、ほぼフラットと見ていい。種牡馬成績はサクラバクシンオーがトップ。以下、タイキシャトル、ブライアンズタイム、グラスワンダーらが上位を占めている。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/412-a683e9cc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。