スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

府中牝馬S予想

府中牝馬S
※オッズは10時02分現在、マイニングは当日値

 牝馬重賞といえばスローの上がり勝負が定番だが、このレースは3年前から中盤が緩まなくなって時計も高速化、去年は2F目以降に12秒台が1度も出ない1分44秒6の高速決着だった。
表で見れば上がりはそれほど変わらないが、前半の通過タイムが速くなっているのが分かる。

府中牝馬S通過タイム

 時計が速くなった近3年で掲示板に載った15頭のうち、GⅠ3着以内歴を持っていなかったのは09年4着のピエナビーナス、07年5着のタイキマドレーヌの2頭のみ。
それ以前はサンレイジャスパー、マイネサマンサ、オースミハルカ(04年)、メイショウバトラー、ダイヤモンドビコー、ジェミードレス、マルカキャンディ、スリーローマン、ハイフレンドコードなど、GⅠ実績の無い馬が頻繁に馬券に絡んでいたことを考えると、高速化でそれなりに底力の要求度が高まっているのか。

 道悪になった毎日王冠のタイム(1分46秒4)は参考にならないが、前日の競馬では2歳未勝利のマイルで35秒台、古馬1000万の7Fで20秒台、古馬OPの10Fがスローでも2分割れだから、馬場的には高速タイムが出る状況が整っていて、あとはペースがどうなるかというところ。

 本命は一応ニシノブルームーンで。
春のヴィクトリアマイルの最先着馬だし、他に好調を思わせるGⅠ3着以内歴を持つ馬が見当たらないので、きっちり仕上がっているなら一息入っていてもこの馬からが妥当か。
主戦騎手も確保できているし、東京馬主の西山オーナーはこの日は北村宏を中心に東京で5頭出し。
2頭出しのサフラン賞あたりを勝たれるとメインの期待値が下がるが、オーナーが来場する可能性も高そうで、勝負気配は十分の出走シフト。

 相手もシンプルにGⅠ3着以内歴のある馬に流す。
馬連4点でも合成オッズが8倍弱つくなら賭けとしても悪くはない。
マーメイドSではブライティアパルスとセラフィックロンプがそれほど飛ばさず平均ペースだったが、今回どういう流れが作られるかで予想の成否も決まりそう。
時計レベルが下がればいろいろな馬に突っ込んでくる余地が生まれそうだ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/406-f4b1a962

【2010/10/17 13:30】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。