スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2008年の予想成績

 といっても、ブログ予想を再開した12月だけの数字ですが。

【着度数】
3-8-4-1-1-4/21
 
【的中率】
勝率 14.2%
連対率 52.3%
複勝率 71.4%
 
【回収率】
単勝 64.8%
複勝 179.0%
単+複 121.9%

好配を期待した馬がことごとく2、3着止まりで終わってしまったため、単勝ベースでは一息でしたが、
複勝ベースでは単勝のマイナス分もカバーし切れたし、全体としてはまずまずの成績でした。
単勝は高配当が取れるので、的中率が低めでも回収率でプラスを達成するというケースもあり得ますが、
他の2頭に配当を食われる複勝は、的中率が伴わないと回収率をプラスに持っていくのが困難な馬券なので、
ブログ予想的にはこういうバランスの成績も悪くないのかも知れません。

単純に12倍すると、年間では250Rほど予想する計算になりますが、
特別戦限定では、1番人気馬の成績でも勝率で30%、連対率で50%の線を割ってしまうので、
それだけ分母が大きくなった時でも、今年のような水準を維持できるのかが来年の課題でしょうか。
まぁそこまでイレ込んで予想する訳でもありませんけど(笑)

~追記~
【参考回収率】
枠連総流し 165.2%
馬連総流し 192.4%
ワイド総流し 272.2%
馬単総流し 88.8%
3連複総流し 312.5%
3連単総流し 116.5%

馬券の意味は単勝(複勝)=馬単総流し(ワイド総流し)=3連単総流し(3連複総流し)ですが、
ヒモにどういう馬が来るかで、回収率は1連系>2連系>3連系、または1連系<2連系<3連系という関係になるようです。
つまり同じ予想でも馬券の難易度が上がるほど、実際の回収資金の振れ幅が大きくなるということ。
超高額配当が飛び出すこともある3連系は確かに一攫千金の魅力も大きいですが、
「配当がつかないから儲からない」と言われてしまう単複以上にお金が返ってこない可能性の大きい馬券でもある訳です。
まぁ当たり前ですか^^;
 
タグ :
コメント
さすが師匠です!神様です。本当に勉強になります。お体は大丈夫なんですかね。まだまだ沢山学びたい事がありますからね。これからも、よろしくお願いいたします!!
【2008/12/29 22:14】 | 賢 #- | [edit]
> 賢さん

 所詮は素人のブログ予想ですから、気楽に楽しんで下さい(笑)
今年も残り1日ちょっとですが、どうぞよいお年を。
【2008/12/30 15:26】 | Hiro@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/39-cfb7edc2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。