スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

シリウスSの登録馬

シリウスSの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は芝の内回りコースの4コーナーのポケット。最大で芝の上を78m通ってダートコースに入る。あとは、ダート1800mと同じルートを通り、グルリと1周。最後の直線距離は352.5m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.2-52.5-37.5=2.06.2。芝スタートであることと、しばらく平坦部分を走れることから、前半3ハロンはダート1800mよりも速くなっている。最初の1コーナーまでは503mとかなり余裕があるので、いきなりガツガツやりあうというイメージではない。1~2コーナーに入るとペースが落ち着き、向正面も比較的ゆったりした流れ。重賞のシリウスSでも途中に13秒台のラップが何回か入ることがある。その分、後半は一気のスパート。ラスト600mで速い上がりを出せる馬が上位入線しやすく、決め手がある馬が断然有利。普通のダート中距離戦とは異質の流れで、むしろ芝の中距離の流れに近い。もちろんスタミナも問われる。脚質的には、ダート1800mよりもさらに逃げ馬の成績が落ちる。しかし、回収率がかなり高く、1発の警戒はむしろ逃げ粘り。基本は先行策。差し、追い込みは回収率が低いことから、力がある人気馬を中心に考えたい。枠順は1枠の成績が極端に悪く、5枠の成績が突出して優秀なのが特徴。種牡馬成績はここもブライアンズタイムが好調。あとは、クロフネ、チーフベアハート、アフリート、キンググローリアスなど。サンデーサイレンス系はいまひとつ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/388-206607f3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。