スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京成杯AHの登録馬

京成杯AHの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタートは1コーナー横のポケット地点。中山競馬場の芝コースの高低差は5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差がある。その最高地点がこの1コーナーのところ。2コーナーまで緩やかに下り、さらに外回りコースのバックストレッチで約4.5mの勾配を駆け下りる。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。フルゲートは16頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.5-23.6-35.7=1.34.8。最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、先行争いは激しい。なおかつ、その後は下り坂なので序盤から自然とペースアップする。上記のケースの前半3ハロンの平均は35秒5だが、京成杯AHや朝日杯FSなどの芝状態が良好な重賞レースでは34秒台前半の数字は楽にでる。後半3ハロンは、直線部分が他場より短いことと、ゴール前の急坂があるため、時計がかかるのが特徴。スローペースにならない限り、前傾ラップが基本だ。枠順は圧倒的に内枠が有利。2コーナーまでの距離が短いことが起因し、外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。内ラチ沿いをピッタリ回りながら、前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、このコースでは正攻法。したがって、器用に立ち回れる逃げ・先行馬が有利。回収率も高い。種牡馬成績はダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオンを中心に、ヘイロー系が優勢。割って入るのがキングヘイロー、フレンチデピュティで回収率も高い。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/373-98873aa0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。