スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

レパードSの登録馬

レパードSの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点はスタンド前直線の4コーナー寄り。最初の1コーナーまでの距離は約389mで平坦。1~2コーナー途中から2コーナー過ぎまで緩い上り坂。向正面はほぼ平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブでほぼ平坦。新潟ダートコースは高低差が0.5mと、JRA全10場のダートの中で最も高低差が少ない。ただし、競馬場全体が横に長いため、コーナー角度はきつい。最後の直線距離は354m。JRA全10場の中では東京ダートコースに次いで2番目に長い。フルゲートは15頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.2-38.4-37.9=1.52.5。全般的には序盤は各馬がポジションを取りに行くため速く流れて、中盤で落ち着くという流れだが、メンバー構成にかなり左右されやすい。逃げ馬が不在だと古馬のオープンクラスでもテンの3ハロンが37秒台になることもあるし、その逆に凄く速く流れることもある。スローペースになると、コーナー角度がきつい影響もあり、外々を回らされる馬や後方待機の馬は非常に厳しくなる。逆に言えば逃げ馬、4コーナーを先頭で回った馬がそのまま上がりをまとめて好走する確率が高くなる。よって、隊列の前後の動きが少ない単調なレースになりがちのコースだ。脚質的にはやはり逃げ・先行馬が有利。道悪になるとその傾向が増し、前々で競馬ができる馬でないと勝負にならない。枠順は多頭数の14番、15番ゲート以外はほぼフラット。フルゲートの大外は距離ロスを強いられるのでやや厳しい。種牡馬成績はクロフネ、ブライアンズタイム、アフリートらが上位。好走馬の数ではミスタープロスペクター系とヘイロー系が上位だが、連対率はどの系統もほぼ互角。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/360-0ff3088a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。