スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北九州記念の登録馬

北九州記念の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は向正面直線の2コーナーポケット。小倉競馬場は2コーナーのところが最高部(芝コースの高低差は2.96m)になっており、スタート後200mほど下る。3コーナーまでの直線距離は約480m。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線距離はAコース時、Bコース時、Cコース時ともに293m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、33.4-35.1=1.08.5。コース形態に伴い、前半の600mの平均は33秒台。32秒台となることもある。スパイラルカーブの入り口ではあまり速度が落ちない。ただし、その分4コーナーから最後の直線に入る際のコーナリングは案外難しい。加速がつきすぎると外に振られてしまう。多頭数で外からまくろうとする場合は、距離のロスを覚悟しなければならない。しかし、馬場の内側が悪化してきた開催後半ならばそれでも大丈夫。外差しの決着で、大波乱ということもよくある。基本的には逃げ、先行馬が有利だが、とにかく馬場状態がカギ。それによって展開、有利な枠順は変わる。種牡馬成績は1000m同様、サクラバクシンオーが強い。以下、フジキセキ、タイキシャトル、アドマイヤベガなどのヘイロー系。フレンチデピュティ、マイネルラヴもまずまず。

【過去10年データ】

 芝1200m戦になって今年で5年目。
前走OP組と条件組では着度数は同じだが、着外馬数の差でアベレージに2倍以上の開きが出ている。
昇級馬(前走1600万1着馬)は0-0-0-5/5で、馬券になっているのは格上挑戦馬。
1000万勝ちや、1600万敗退馬は人気になりにくいが、これらが軽ハンデを利して人気薄で突っ込んでくる。

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
1000万下 1- 0- 2- 3/ 616.7%16.7%50.0%423311350.0
1600万下 1- 2- 0-12/156.7%20.0%20.0%48611492.8
OPEN特別 1- 1- 0- 8/1010.0%20.0%20.0%15872139.8
G3 1- 1- 2-24/283.6%7.1%14.3%83646.1
G2 0- 0- 0- 0/ 00.0%0.0%0.0%000.0
G1 0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%0.0%000.0
同クラス 2- 2- 2-37/434.7%9.3%14.0%424054.4
条件戦 2- 2- 2-15/219.5%19.0%28.6%468170146.7
集計期間:2006. 8.13 ~ 2009. 8.16

 短距離戦では先行力が有利に働く局面も多いが、ここでは前走上がり1位馬が過去4回で3勝と好成績。
分母がそれほど大きい訳ではないのにアベレージも高いので、マークするにも絞りやすい。

前走上がり 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
3F 1位 3- 0- 2- 6/1127.3%27.3%45.5%1038266264.7
3F 2位 0- 1- 1- 7/ 90.0%11.1%22.2%0770.0
3F 3位 0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%25.0%0720.0
3F~5位 0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%000.0
3F6位~ 1- 2- 1-30/342.9%8.8%11.8%74144.3
集計期間:2006. 8.13 ~ 2009. 8.16
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/357-0a436d65

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。