スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

小倉記念予想

小倉記念
※オッズは9時01分現在、マイニングは当日値

 小倉重賞なら押さえない訳にはいかない橋口厩舎が今回は不在。
九州馬主の2頭出しで七夕賞を獲った音無厩舎は、小倉騎乗歴のない2人にそのまま継続依頼。
川田、北村友、福永といった重用している騎手は小倉にいるし、目標は次かと思われた手前の福島を勝ってこの采配というのは勝負気配的にどうなのか。

 ここは宮崎出身の池江郎厩舎・バトルバニヤンから。
スプリンターや2歳馬が手薄な厩舎の手駒を考えると、北九州記念や小倉2歳Sはおそらく望み薄。
正確には年明けにも小倉は残っているので最後の地元開催という訳ではないが、今夏の大目標の一つとして小倉記念が設定されていても不思議ではない。
12頭が小倉芝2000初出走というメンバーでコース実績を持っているアドヴァンテージはあるし、テン乗りとはいえ厩舎成績的に中舘→和田の乗り替わりはプラス材料。
前走も外を回して早めの競馬で3着と強い内容は見せているし、坂路で3番時計の50秒7を叩き出すなど状態は休み明け3走目でピークに近づいているのでは。

 音無厩舎から押さえるならサンライズベガの方。
ドモナラズは52キロで七夕賞を勝ったからといって一気に55キロでは厳しいだろう。
小倉芝2000で好成績のアドマイヤベガだが、母父の内訳を見てもノーザンダンサー系が良績を残している。
こちらも休み明けを叩いての地元戦だから本来なら気配十分のローテだが、ヤネがコースぶっつけなのがどうかだけ。

 同条件に勝ち鞍を持っている馬が3頭しかいないので、3番手評価もホワイトピルグリムで。
巴賞を使いながら函館記念に登録もせずに小倉に回ってきている辺りは臭いローテ。
地力のスマートギア、アンカツを呼び寄せたアドマイヤオーラ、地元馬主のゼンノグッドウッドまで。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/351-94a071b2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。