スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ラジオNIKKEI賞の登録馬

ラジオNIKKEI賞の登録馬
※収得賞金900万の馬で11/15の抽選

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は正面スタンド前より少し右。スタート後、若干の勾配を上り、最初の1コーナーまでの距離は約305m(Aコース時)。他場のローカル芝1800m同様、スタート後から2ハロン目までの流れが、レース展開を大きく左右する。最後の直線距離はAコース時が292m、Bコース時が297.5m、Cコース時が299.7m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.6-35.8-35.9=1:47.3。前半、中盤、後半の3ハロンはそれぞれ35秒後半のラップを刻む。しかし個別のレースラップを見ると、ペースに緩急がつくケースがほとんど。具体的には前半3ハロンから中盤にかけてペースが緩まないパターンと中盤にペースがガクッと落ちるパターン。前者なら上がりがかかる競馬になり、差し馬にチャンスが広がる。後者なら余力十分で4コーナーを回る逃げ・先行馬が有利だ。全体的にはローカルのセオリー通り、逃げ・先行馬の連対率は良く、回収率も優秀。人気がない馬でも展開を味方につけて、粘り込むことがある。枠順は内枠が若干有利で、特に逃げ・先行馬が内枠を引いたら大きなアドバンテージになる。種牡馬成績はヘイルトゥリーズン系全般が大活躍。特にマヤノトップガン、タイキシャトル、マーべラスサンデー産駒は回収率も優秀だ。

【過去10年データ】

 06年からハンデ戦になって、2番人気馬こそ堅調なものの、人気サイドは総じて一息。
過去4年で3回、2桁人気馬が馬券に絡んでおり、ヒモ荒れ傾向が強い。

人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%045
2番人気 1- 1- 1- 1/ 425.0%50.0%75.0%125167
3番人気 0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%0.0%00
4番人気 0- 0- 1- 3/ 40.0%0.0%25.0%062
5番人気 2- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%50.0%472165
6~10人気 1- 1- 0-18/205.0%10.0%10.0%9137
11~人気 0- 2- 1-21/240.0%8.3%12.5%0112
集計期間:2006. 7. 2 ~ 2009. 7. 5

 前走1000万クラス以上で1着、または0.5秒差以内に好走した馬で、当日10倍未満に支持された馬は0-0-1-9/10。
上級クラス馬は好走したのに人気にならない馬や、凡走した馬の巻き返しを狙っていく方がいい。
一方で前走500万を使っていた馬は、当日2番人気以内1-1-1-1/4、3番人気以下0-0-1-10/11。
こちらは上位人気になるぐらいの馬でないと通用していない。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/337-3c976501

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。