スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エプソムCの登録馬

エプソムCの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は1~2コーナーの間にあるポケット。正面から見ると斜めに横切り、向正面の直線に合流するという特殊なコースとなっている。スタートから向正面の合流地点までの距離は約150m。3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。フルゲートは時期によって異なる。一般の1回開催(2月)は16頭。それ以外の開催は、A、B、Cコース時は18頭でDコース時が16頭。古馬1000万クラスの平均ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.1-36.5-34.8=1.47.4。前半と中盤のペースが遅く、後半の3ハロンが速いという典型的な上がり勝負。重賞クラスのメンバーでも超スローの上がり勝負になることはめずらしくない。逃げ、先行馬が有利だが、速い上がりが要求されるため、小回りのローカルを得意としているような先行馬は逆に苦しい。内枠を引いた方がコーナリングの際に距離ロスを避けることができるが、馬群が内々に寄ってくると、不利を受けることがある。手ごろな頭数ならばそういった不利は少ないので、どの枠でもあまり気にすることはない。多頭数になった場合は大外枠が不利。種牡馬成績はアグネスタキオン、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェなどサンデーサイレンス系が上位。

【過去10年データ】

 単勝20倍以上のゾーンからはほぼ連対馬が出ておらず、人気上位6~7頭の争いという図式。
馬連の平均配当が3,521円と低くないので、該当馬をBOXで買い続けても十分に黒字になる計算。

単オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
1.0~19.910- 9- 5-49/7313.7%26.0%32.9%11786
20.0~999.9 0- 1- 5-97/1030.0%1.0%5.8%093
集計期間:2000. 6.11 ~ 2009. 6.14

 前走新潟大賞典組が6年連続連対中。
登録段階での該当馬はゴールデンダリア、セイクリッドバレー、デストラメンテの3頭だが、全体傾向からも分かるように勝ち負けになっているのは人気サイドなので、新聞での印の並び方や当日のオッズなどをチェックしてピックアップしたい。

=前走新潟記念組の人気ゾーン別成績=
人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
4番人気以内 5- 2- 1- 7/1533.3%46.7%53.3%219116
5番人気以下 0- 1- 1-23/250.0%4.0%8.0%065
集計期間:2000. 6.11 ~ 2009. 6.14
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/327-c6d24ced

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。