スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

目黒記念の登録馬

目黒記念の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は正面左の直線坂下。芝2400mのスタート地点より100m左側へ移動しただけだが、坂下からのスタート。ゴールまでに2度の坂超えが必要となる。最初の1コーナーまでの距離は約450m(Aコース時)。1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線距離は525.9mで、新潟の外回りコースに次ぐ長さ。フルゲートは時期によって異なる。一般の1回開催(2月)は16頭。それ以外の開催は18頭。現在、条件クラスで組まれているケースは少なく、目黒記念とアルゼンチン共和国杯の両G2がメーンとなるコース設定。よって、この両重賞の平均ラップ(0.5F-3F-3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、7.2-35.0-37.2-37.0-35.1=2.31.5。最後の直線まで末脚を温存する競馬にはなるが、G2クラスでもレースの上がり3ハロンは35秒台の時計を要する。単純な瞬発力勝負ではなく、消耗戦での末脚勝負となりやすい。よって、血統的にもエリシオ、オペラハウス、ジャングルポケット、メジロマックイーンなどスタミナを有する重めの長距離血統が強い。枠順は芝2400mと同様、通年インコースの馬場が良好な関係で、内を通りやすい枠の方が有利。脚質は先行~差しが互角。逃げ馬は芝2400mほど良くないが、一発の魅力はある。追い込み一手は苦しい。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/318-fd28fa77

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。