FC2ブログ

高松宮記念予想

高松宮記念
※オッズは前売り最終、マイニングは当日値

 フリージア賞は父サドラーのワンツー、恋路ヶ浜特別は父サドラーと母父サドラーのワンツー。
中長距離にブラッドバイアス発生なら、日曜4RはGalileo産駒のリヴィアローズか、母父Sadler's Wellsのロードホーリーが穴か?
それはさておき。

 シルクロードSは34秒4→33秒7という後傾ラップの行った行った。
アルティマトゥーレは厳しい前傾ラップを押し切るタイプではないので、内枠で行くしかない形になると厳しい。
土曜には覿面だったローラー効果が最後まで残ってくれるかどうかが生命線だろうか。
1番人気を背負って大外枠から外を回らされたエイシンタイガー、そして後方待機から最内を突いて詰まったプレミアムボックスと伸びない外に出したトウショウカレッジは展開不向きで見直し可能。

 阪急杯は35秒0→35秒2の平均ペースだが、開幕週だけに3連単2→4→6と内枠有利。
サンカルロとトウショウカレッジは同じ上がり34秒5だが、トウショウは外枠分の距離ロスと、直線で少しブレーキをかける場面があったので、サンカルロとの0.4秒差は額面通りではない部分もある。
最有力ステップだけに上位入線馬、上位人気馬は押さえておいても。

 オーシャンSは道悪のHペースで33秒4→36秒4。
当日は外が伸びない経済コース有利の馬場で、1、2着馬は4角最内をすくっての差し込み。
キンシャサノキセキは見た目に強い競馬をしていて本格化したと言われるが、阪神Cに続いて厳しいHペースとトラックバイアスが向いた面もあり、時計のかかる荒れた良馬場という条件はどうなのか。
宮記念は高速馬場の08年は2着だったが、去年は10着に敗れており、今回の条件が向くのかは微妙。
内枠で出遅れて4角大外を回してきたプレミアムボックスが不利なバイアスの中を突っ込んできて0.1秒差。

 以上の前哨戦と前売りオッズを比較して妙味がありそうなのは去年の4着馬トウショウカレッジ。
3枠5番は去年と同じ枠であり、去年と同じように勝負処で馬群を捌いてこれるかがポイント。
休み明け2戦はバイアスの向かない競馬になっているが、それだけに穴馬としては+αが期待できるし、馬場状況によっては外捲り一手の馬よりも馬場の伸びるところを選べる利が出てくるはず。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/276-db2ca834

【2010/03/28 01:33】
【2010/03/28 13:23】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫