FC2ブログ

チューリップ賞予想

チューリップ賞

 外回りコースになった過去3年は逃げた馬が2、1、2着、上がり3F最速馬が1、3、1着。

 アパパネは勝負処の加速力はすごいが、道悪が残りそうな馬場で一瞬の脚を活かせるかがポイント。
初めて1番人気を背負って自分から動いた場合にどうか、同じ大外枠でも阪神JFの時とは違って外を回らされる形になった場合にどうか、など不安材料も無くはない。
母がソルティビット、母父がSalt Lakeだから、どうも最終的な距離適性や成長曲線にも疑問が残る。

 上がり最速馬狙いはベストクルーズから。
阪神JFは抜け出す時の加速力の差が出たが、上がり3Fのタイム自体はアパパネと同じ。
長い脚が要求される馬場・展開になれば前走の差は埋まってもおかしくない。
去年の桜花賞の出走ボーダーは取得賞金1200万で、ベストクルーズの1000万はちょっと微妙な立ち位置。
重賞連対のない2勝馬(900万)が滑り込めるラインならいいが、クラシック出走を確実にするためには優先出走権が欲しい。

 逃げそうな馬がハッキリしないので、それっぽい臭いのある馬を何頭か拾っておく。
パミーナあたりがハナへ行ってくれれば面白い。
芝の新馬戦ではザタイキから0.8秒差だったが、さすがに超スローからの上がり12.0-11.0-11.3に対応するのは厳しかった。
それでも自身34秒3の上がりをマークしているし、道悪馬場なら35秒台後半でも十分残り目はある。
桜花賞の前哨戦でダート実績馬が穴をあけるのは定番だけに。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/249-48a6575c

【2010/03/06 04:48】
【2010/03/06 13:56】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫