スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ダイヤモンドS予想

ダイヤモンドS ※オッズは前売り最終

 武豊は毎年きさらぎ賞に乗っているイメージだが、今年はダイヤモンドSに騎乗。
調べてみると02年のアドマイヤロード(1番人気5着)以来、通算でも2回目の参戦ということらしい。
天皇賞に向けての騎乗馬が無かったので、フォゲッタブルが戻ってきたのは渡りに船ではあるんだろう。

 ただ夏も休まずに秋4戦した馬がダイヤモンドSから始動というのは、目標から逆算した場合にどうなのか。
1600万~GⅢあたりを使っていた馬ならともかく、GⅠ路線で好走を続けていたような馬がここからというのは珍しい。
過去10年で前走有馬記念という馬は4頭しかいないが、いずれも掲示板に載れなかった馬で、結果も0-0-0-4/4だ。
しっかり乗り込まれているらしいが、ハンデGⅢを目イチで取りに来ているのかどうか。

 本命はトウカイトリックで。
ステイヤーズSでも◎を打っていたが、後方に構えて4角大外ではさすがに上がり最速でも間に合わなかった。
しかし万葉Sをきっちり勝ち切るなど調子は上々。
ダイヤモンドSは3年ぶりの出走になるが、ペースにかかわらず差し有利のレースだし、スタミナ勝負なら最右翼の存在。
内田博が直前で乗れなくなってしまったが、ここを目標に調整されていれば馬の仕上がりは問題ないはず。
キャリア10年で重賞未勝利の大庭に千載一遇のチャンスが巡ってきたということだ。

 ステイヤーズSで0.4秒差だったダイワワイルドボアも54キロなら面白いところだろう。
1200勝リーチの後藤がメインダブルで達成というシナリオがあってもおかしくない。
差し脚あるヒカルカザブエ、モンテクリスエスも上位争いになりそうだが、横山典の5週連続重賞勝ちの目には張らない。
データ的には条件クラスからの臨戦馬、特に前走敗退馬が穴になっているので、ハーマジェスティが押さえ。
ちょっと印が多すぎるな…
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/226-80f77291

【2010/02/14 06:51】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。