スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

有馬記念予想

有馬記念 ※オッズは前売り最終

 近年の連対脚質を見てもまともに後ろからいって勝ち負けに持ち込んだのはディープインパクトぐらい。
アドマイヤモナークは1番人気馬が逃げて有力馬がそれを目標に動いていく展開に助けられたもので、その他の連対馬はほとんど5番手以内で競馬をしている。
それに関連して枠順も逃げるとか最後方待機といった極端な戦法を取る馬以外はほとんど内枠が馬券になっている。
今年は1、2番人気のブエナビスタ、ドリームジャーニーが後ろから行く馬なので、騎手の意識もある程度は後ろに注意が残る。
数字上のペースではなく、とにかくダイワスカーレットを潰しに動かなきゃ始まらない的な前掛かりにはならないだろう。

 あとは巷間言われているように、1~3月の冬季中山重賞で好走した馬がその年の有馬では穴になりやすいというのがポイント。
去年はAJCC2着のエアシェイディに◎を打って複勝600円だったが、今年は先行脚質の馬が内枠にいるので単勝まで手が届けば。
という訳で、本命は年初の中山金杯で0.1秒差(クビ+1/2馬身)3着があるミヤビランベリ。
デムーロと横山典に乗り替わる1枠2頭がひょっとして前に出てくる可能性もなくはないが、コスモバルクが前走並みに行き脚がつかなければ、内枠が差し馬ばかりなので労せずしてラチ沿いの好位をキープできる枠順は絶好。
アルゼンチン共和国杯では12秒5以下のラップを並べて逃げ切ったし、中山金杯や小倉大賞典で中距離での持続ラップにも対応しているので、溜め逃げではないリーチザクラウンやテイエムプリキュアがペースメーカーになってくれるのも好都合。
新聞・雑誌・ブログ等でかなり穴馬として名前が出ていたので、アンライバルド、イコピコ、セイウンワンダー辺りより売れてしまっているのが難点だが、好走条件だけなら一番揃っているといってもいい1頭。

 相手はマイネルキッツ。
GⅠ制覇後の成績が一息でも1.0秒以上の大敗を喫した訳ではないし、中山金杯→AJCC→日経賞と好走してきた点は買い材料。
他コースでの凡走で人気を落として、中山替わりで一発というのが一番有馬でありがちな穴パターン。
脚質的にミヤビに対する連下候補という感じになるが、オッズ的には本命以上の妙味アリ。
馬券は◎の単複と、馬単3→4、ワイド3-4まで。

 有馬記念なんで世相馬券も考えてみよう。
今年の流行語大賞は「政権交代」、今年の漢字は「新」だった。
民主党の表の顔と裏の顔、ハト(8-10)山由紀夫と小沢(一)郎を表す、8番、10番、1枠に伝説の「新」馬戦を戦った4頭がきれいに入った。
4頭の揃い踏みはその新馬戦以来だけに偶然にしては出来過ぎの感もあるが、かといってこれではどれが勝つのか分からない。

 9番にはドリームジャーニーが入っている。
「ドリ」を漢字変換してもちゃんと「鳥」と出る。
九に鳥なら「鳩」になる。
伝説の新馬組、リーチザクラウンとスリーロールスに挟まれたドリームジャーニーがサイン馬か!?
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/199-b6e6556a

【2009/12/27 05:11】
  • 有馬記念 ◎エアシェイディ【そこで馬が走るかぎり】
    金曜の夜に「アバター」見て来ました。 宮崎駿をフルCGの3Dにしたような美しい映像で、ナヴィ族は正直気色悪いと思っていたのが、ズイズイと物語に引き込まれ・・・それにしても、宮崎作品へのオマージュ?要素がふんだんでした。宮崎作品の世界からの評価の高さを...
【2009/12/27 08:54】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。