スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カペラS予想

カペラS ※オッズは前売り最終

 中京や阪神の馬場状態は金曜正午の発表ですでにダート:不良だったが、土曜の競馬が終わっても回復は重まで。
雨さえ止めば芝は良まで回復したが、冬場の日照条件だとダートはなかなか乾かないということか。
土曜の中山ダートは終日不良での競馬だったので、日曜は良くても稍重、メインでも重までしか回復しないケースも十分ありそう。
ダート1200mは土曜準メインの1000万でも1分09秒7の高速決着になっていたので、重賞レベルなら想定は8秒台の争いだろう。
ちょうど去年のカペラSも重馬場で1分08秒7のレコードだったが、それに近い時計勝負になる可能性は大きい。

 本命はアイルラヴァゲイン。
ダート実績は20走前のすばるS7着の1戦のみだが、この時は良馬場の1400mで必ずしも適条件ではなかった。
今回は距離もコースも好条件だし、エルコンドルパサー産駒全体の傾向としても道悪ダートは得意。
パワー勝負よりは時計勝負の方が向くはずだし、芝GⅠ入着級の格からもあとはダートをこなせるかだけが勝ち負けのポイント。
前売り1、2、5、6番人気馬が重賞初挑戦というメンバーなので、単勝で30倍弱つくなら狙ってみてもいい。

 アイルラヴァゲインが芝スプリントGⅠで入着級なら、ワイルドワンダーはダートマイルGⅠでの入着級。
1200mは初距離になるのでこの馬は距離への対応がカギになるが、こちらはそこそこ人気になっている点で妙味は一息。
ただ地力自体が上位なのは間違いないので、格下馬が人気を集める状況では狙ってみて面白い1頭。

 去年の勝ち馬が長休明けで、重賞なら56キロで出走できるスリーアベニューが最内枠。
それなら指数の良さと6番人気止まりの前売りからワンダーポデリオの期待値が高そう。
この馬も1200mに出走するのは12走前以来の久々なので、ワイルドワンダー同様、距離対応だけがカギ。
あとはダート12戦11連対のダイワディライトが重賞初挑戦でも即通用といくかどうか。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/195-296ea61d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。