スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

セントライト記念予想

セントライト記念 ※オッズは前売り最終

 ここは一瞬の決め脚より長い脚を要求される一戦で、毎年先行タイプが1頭以上連対していることから後方タイプを軸には取りたくない。
先行力のある持続タイプを狙うということなら気になるのは森厩舎の2頭。

 今年の皐月賞は最遅ラップが12秒2という息の入れづらい流れで、その上ロジユニヴァース、リーチザクラウンの人気上位馬が前々で競馬をしたため展開がかなり前掛かりになり、結果的に後方待機馬がごっそり入れ替わって上位を独占する形になった。
その中で先行して最先着しているのがミッキーペトラ。
勝ち馬からは1.6秒差10着と大きく負けているが、中団早めの競馬をした8、9着馬、凡走した13、14着馬が巻き返してダービーでは上位4着までを占めたことからも、内容面で見直せる余地はあるだろう。
決め手を問われたプリンシパルS、ダートのユニコーンSでは凡走したが、再び一貫ラップになったラジオNIKKEI賞では上位入線馬が外伸び馬場を通ってくる中、1頭だけ悪い内側を粘り込んで0.3秒差5着。
すんなり前に行けてのロングスパート戦ということなら上位争いになってもおかしくない。

 また皐月賞でミッキーと同タイムだったゴールデンチケットはダービーでもしぶとい競馬をしており、速い脚の必要ない競馬ならどちらか1頭の残り目は十分考えられる。
森厩舎はサンデーウェル(7番人気1着)、トーセンシャナオー(12番人気1着)で穴をあけており、3度目の花火を期待。

 クラシック組ではナカヤマフェスタが皐月賞、ダービーでともに最先着と実績上位。
ブレイクランアウトが朝日チャレンジCでタイム差なしの好走を見せた比較からも、地力上位馬として外せないところか。
17番枠が外過ぎる感じもあるが、JRA-VANのコース解説には「枠順の有利・不利はない」とあるので、この点は不問でいこう。
別路線組からはトウショウデザート。
新潟では決め手負けしていた印象も着順的に大崩れしておらず、4走前に半哩2.2秒の前傾ラップを勝ち上がっているだけに、この条件替わりはプラスに働きそう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/163-33e6b248

【2009/09/20 09:00】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。