スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

チャレンジC予想

チャレンジC予想
★オッズは8時07分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 先週は中間の雨が残って土曜は全般的に差し有利。時計的に高速馬場という訳ではなかった。幾分乾いた日曜は内回りで逃げ・先行がシェアを取り戻したが、外回りの2鞍はともに先行勢の後ろで構えていた馬の外差しだった。今週も木曜4.0mmの雨があって金曜発表のダートは稍重。土曜には広く寒気が入り込んでくる予報で、軽いスピード馬場とまでは行かない感じだろうか。力があれば残れるだろうが、馬場的に前有利のコンディションではない前提で。

 本命はフルーキー。
前走は早めの競馬で勝ち切ったが、差し届くなら今回は中団待機でも勝負になりそう。距離の長かった菊花賞以外はすべて上がり2位以内で末脚堅実。コース実績もあるし、2キロ貰いのハンデで馬場が味方するなら間に合っていい。

 実績と好調教ならスマートレイアーだろうが、まともに後ろから行く脚質なので定量ハンデで頭まで突き抜けられるかというところ。エイシンヒカリは左回りであれだけ外へ逃げたので右回りに戻るのがまずプラス。同世代の皐月賞3着馬より1キロ重いハンデを課せられているから能力は評価されているんだろうが、ウインフルブルームとは今回が初対戦。真逆の脚質という訳でもないし、今回はエイシンを目標にできるウインに妙味があるかも。

 マコトブリジャールは4走前と6走前が他場からの阪神芝18替わりで8→1着、10→1着の巻き返し。前走は京都で8着だったが、0.4秒差と大崩れしている訳ではないし、3キロ貰いのハンデで得意条件替わりなら展開次第で台頭があっても。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1299-42bfd670

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。