スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

金鯱賞予想

金鯱賞予想
★オッズは12時03分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はサトノノブレス。
ジャパンCは前走天皇賞(秋)組3頭と凱旋門賞組2頭で掲示板を独占してレースレベルを示しているので、素直に秋天最先着で0.3秒差に頑張ったこの馬から。人気のラストインパクトとは直接対決で4勝1敗だから優位性もある。

 エアソミュールは毎日王冠勝ちの後は天皇賞にもマイルCSにも向かわずにここへ。3着だったスピルバーグが次走GⅠ勝ちだから間接的に評価は上がる。ただ2、4、7、8走前とTargetのRPCIが赤表示のレースで1.0秒差以上の敗退を喫しているので、スローの決め手勝負ならここでも好勝負になりそうだが、道中の流れが厳しくなると末脚を失うケースもあるかも。

 ダークシャドウは天皇賞で0.2秒差だったサトノノブレス、カレンブラックヒルが斤量1キロ減なのに対して2キロ減の56キロ。机上の計算では相殺できていい差だし、鞍上がムーアに強化される分もある。左回りの中距離は引き続き適条件だが、大外枠をどう乗りこなすか。

 ウインバリアシオンはCW追いが基本だったが、今回は最終追い切りが坂路馬ナリ。1週前にはコース一杯で6F83秒台、2週前坂路52秒台と時計は出しているので乗り込みが足りない感じまではないが、脚部不安のある馬なのでパターンを変えてきた点は少々不安が残る。地力は足りるが目標を次と割り切っている可能性も。トウカイパラダイスは例によってマークが薄い時ほど押さえておきたいタイプ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1294-91651af1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。