スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ステイヤーズS予想

ステイヤーズS予想
★オッズは8時29分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はホッコーブレーヴ。
好枠を引いたクリールカイザーの最終追いが美浦W一杯で66秒5-39秒1-14秒3(5)。GⅡ連続好走の前走が65秒2-36秒6-13秒1(2)一杯だったから馬場差を差し引いてもデキ上昇という感じでは無さそう。ならば春の実績から好調教のホッコーを上に。前走は大敗だったが、過去10年で8-4-5-38/55と直結度の高いアルゼンチン共和国杯組からは08年エアジパングが2秒超の大敗から巻き返しているし、トウカイトリックは休み明けアルゼンチン大敗→叩いたステイヤーズで馬券絡みがパターンだった。狙い打ちのローテなら巻き返しは十分可能。開幕週のコース2周戦で多頭数外枠だからずっと外を回っては距離損が大きくなるが、メンバー強力という訳でもないので後は立ち回り次第で。

 レース実績からは去年の勝ち馬デスペラードと一昨年の2着馬ファタモルガーナ。前者はどう乗ってくるか読めないタイプになっているが、前走は逃げ潰れた形で最後も追っていなかったので着差は気にしなくてもいい。去年のように4、5番手で流れに乗ってくるようだと巻き返しがありそう。後者は長休明けの前走で最速上がりをマーク。大逃げのエイシンヒカリが押し切る競馬を最後方からだから難しい展開だったが、2着とは接戦だったし格好はつけた。叩かれた上積みがあれば距離は問題ない。

 スズカデヴィアスはキンカメ×サンデーなので血統的に距離が合うイメージではないが、差し馬の多い組み合わせなので楽に前で競馬ができれば54キロで粘り込める余地が出てくるかも。スカイディグニティは12年に菊花賞2着から強力メンバーだった有馬記念でも5着。ブライアンズタイム産駒だし、長休明けを叩かれてデキが戻っていればスタミナ勝負自体は苦にしないはず。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1293-ae0810a5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。