スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

東スポ杯2歳S予想

東スポ杯2歳S予想
★オッズは9時07分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はジャストドゥイング。
ブライトエンブレムの2着だった新馬が上がり12.7 - 12.2 - 12.2 - 12.2、勝ち上がった2戦目の未勝利が同12.1 - 11.8 - 11.9 - 12.9。これだけだと長い脚を使えるタイプに映るが、3戦目が超が3つぐらい付くスローから上がり13.2 - 11.0 - 10.1 - 11.1の決め手勝負に対応して2連勝。相手が新馬でアヴニールマルシェの2着だったロジチャリスだから、戦ってきた相手関係からも通用する余地は十分。

 新潟2歳S組はここに来て重賞でワンパンチ欠いている印象もあるが、500万~OP特別を手堅く勝ち進んでいてレベルはまずまず。2着だったアヴニールマルシェは中盤が緩んで決め手を活かせる方が持ち味が出そうなので距離延長は歓迎か。ただゲートが課題なので外に出して間に合わないというケースも。勝ち馬ミュゼスルタンの新馬で2着だったソールインパクトが人気薄。出走種牡馬の中で、近3年の東京芝1800重賞で馬券になっているのはディープインパクトのみ。適性の優位性はありそうなので穴の期待はこの馬。

 クラージュシチーは新馬がいちょうS2着だったネオルミエールの2着。コース取りの差で僅差負けだったが、3着を5馬身ちぎっていたし、2戦目が10馬身勝ちなら上位人気になるのも当然か。ネオルミエールを物差しにするならグァンチャーレはいちょうSで0.2秒差、レコードの勝ち馬から0.5秒差。東スポ杯は2年連続のレコード決着だけに重賞での時計勝負経験のある馬を拾うならこの馬も。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1286-3cea1d7d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。