スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アルゼンチン共和国杯予想

アルゼンチン共和国杯予想
★オッズは10時10分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 コース改修後の過去11年で前走条件戦組が馬券にならなかったのは05、13年の2回だけ。前走OP組が1着数>2着数>3着数のバランスなのに対して、前走条件戦組は逆バランスなので単狙いはややハイリスクだが、アベレージ、回収率、1走賞金などの指標で見劣る訳ではないので馬券的な狙い目は十分にある。
前走 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値1走当賞金
条件戦 3- 4- 5- 32/ 446.8%15.9%27.3%4695848万円
OPEN特別 2- 1- 1- 29/ 336.1%9.1%12.1%4733535万円
重賞 6- 6- 5- 87/1045.8%11.5%16.3%6357629万円
集計期間:2003.11. 9 ~ 2013.11. 3

 本命はアドマイヤケルソ。
今年の前走条件戦組に該当するのは4頭だが、前走は奇策が嵌ったネオブラックダイヤに二番が利く感じはしないし、マイネルジェイドには年末年始の勢いが戻っていない。リキサンステルスは初芝。そうなるとアドマイヤしか残らない。距離不足+小回りコースの2~5走前をノーカウントにすれば、芝替わりだった6走前に睦月賞を快勝。前走は直線に向いてから前を走るタイタンを捌くのに手間取り、進路を立て直して追い出したのは残り1Fを切ってから、スピードが乗ったのはゴール前数十mという感じでの差し込み3着だった。スパッと加速できるタイプでも無さそうなのでスタミナ勝負の東京芝2500に替わるのは面白いのでは。アドマイヤ陣営は週明けに残念な出来事があったばかりなのでここは弔い合戦の形。

 スーパームーンはこのレースと相性のいいアイルランドT組。ブライアンズタイム×Sadler's Wellsの血統だし、2000m1分58秒台のスピード勝負で脱落しないところを見せておいてからスタミナ条件に替わるのは好ステップなのでは。

 クリールカイザーは4走前が目黒記念を勝ったマイネルメダリストに1キロ与えて同タイム。前年に出走していた目黒記念には使わずに湾岸S快勝で春のキャンペーンを終了。8月に札幌から使い始めて叩き3戦目で東京芝2500だからここが目標の鞍という感じも。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1272-93a71d23

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。