スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

富士S予想

富士S予想
★オッズは9時06分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はダノンシャーク。
ここ1年半辺りにマイルの非ハンデ戦で先着を許しているのはクラレント、ジャスタウェイ、グランプリボス、ショウナンマイティ、トーセンラー、ダイワマッジョーレ、ロードカナロア、サンレイレーザーといった面々。格的に見劣っていたのは当時のサンレイレーザーぐらいで、今回のメンバーにこのレベルの強敵はいない印象。関屋記念ではクラレントに1キロ与えて半馬身差だから、京成杯AHでクラレントに2~3キロ貰って上位入線した馬とはやはり力の差はある。57キロで出走できるのも有利。目標は次な感じもあるので余裕残しの可能性もあるが、ここを勝っても4000万、マイルCSなら2着でも4000万だから、算盤勘定だけなら相手の楽な今回の方が稼ぎやすい感じもするが。

 オッズが割れているとはいえ、エキストラエンドがGⅢで10番人気はかなりの人気急落。ここ3走の敗因が道悪、出遅れ、荒れ馬場であるなら今回はコース条件が好転してくる。ダートが稍重なように中間には雨があったが、馬場差は先週でもマイナス1秒台なので乾いてくれば問題ないだろう。調教は坂路に切り替えてきたが、角居厩舎は先週も坂路に切り替えたディアデラマドレが勝っているので、あまり気にする必要はないのかも。

 レッドアリオンは前走が抜けた決め手。3歳だった去年は出遅れて最速上がりを繰り出したものの0.3秒差6着まで。逃げたり差したりで戦法が定まらないが、4走前の大敗を見るとこの馬もしっかり時計の出る馬場の方が良さそう。-3F差は前走も去年の富士Sも0.8だから、Sペースを5~6馬身圏内で追走できれば上がりの脚は使ってくれるだろう。

 NHKマイルC組は今のところ低レベルの評判だが、皐月賞・ダービーの上位組はまだ古馬と対戦していないので、今回どこまでやれるかが物差しの第一。セントライト記念はダービー掲示板組のワンツースリーだったが、ステファノスは皐月賞よりイスラボニータとの着差を詰めて4着。ただ今回は枠順は良くない。ならば皐月賞でステファノスとは0.1秒差だったクラリティシチーを距離短縮で見直したい。唯一のマイル出走は3走前だが、東京コースでランクBC、完全タイム差-0.7の好時計勝ち。半弟のクラリティスカイも同コースで重賞を勝ったばかりだし、適性コースに戻る上積みはあるのでは。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1259-456de566

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。