スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京都大賞典予想

京都大賞典予想
★オッズは8時43分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はトーセンラー。
発売前の発表で馬場は稍重。これ以降は雨もそう降らないだろうからメインの頃には良馬場に回復している可能性があるし、あとは吹き戻しの風が影響するほど大きく残るかどうか。開幕週なので含水率さえ下がれば馬場的にはスピード勝負に持ち込めるだろう。今年の京都記念はデスペラードの奇策に屈したし、去年の京都大賞典はゴールドシップを目標にする競馬で漁夫の利をさらわれた。安定の京都でも斤量を背負う立場で頭鉄板のイメージまでは湧かないんだが、イレギュラーな大記録として毎日王冠+京都大賞典の同一年制覇を見てみたい感じ。

 ヒットザターゲットは去年の京都大賞典で▲。確かGⅢなら再三好走するが、GⅡでは全く通用しなかった馬が目黒記念4着で一段強くなったのでは?という理由だったはず。近走はGⅡなら掲示板に載ってくるが、GⅠでは通用しないという流れから前走の宝塚記念で4着。今年も一段成長しているかも知れない。馬場回復もプラス材料のはず。

 ラストインパクトは天皇賞(春)9着でレート112は得ているが、上位好走の菊花賞4着、小倉大賞典1着、日経賞3着、新潟記念3着がすべて109の安定感。机上の計算ではトーセンラーと2キロ差あってもちょっと足りない。対タマモベストプレイでは過去3回対戦して1勝2敗。タマモは6着だった札幌記念の5着馬が毎日王冠勝ち、4着だったエプソムCの2着馬がオールカマー勝ちだから近走の状態がそれほど悪い訳ではない。3歳時の力関係がそれほど大きく変わっていないとしたら馬券的妙味はタマモの方だろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1251-2551ae5b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。