スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

いちょうS予想

いちょうS予想
★オッズは5時16分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はミッキーユニバース。
傾向的に持続ラップになりやすい札幌2歳Sは小回りコースのワンペース競馬になってしまったのでノーカウント。新馬は重馬場の瞬発力勝負を押し切っているので距離短縮と開幕馬場が課題になるが、枠はいい所を引いたし、1800mでやや掛かり気味だったのでマイルも悪くないはず。そこまでスピード不足というタイプでなければ残り目は期待できる。

 サトノフラムは二代母ウェルシュマフィン、三代母Muffitysだから、タイキシャトルやピースオブワールドの近親。新馬の2、3着馬は次走で同じ未勝利を使ってランクBDで1、2着しているからレースレベルも低くなさそう。総合的に次位筆頭で。

 ネオルミエールの新馬は超超スローの上がり勝負なのでラスト3Fの数字を鵜呑みにできるのか微妙だが、同タイムで3着に5馬身差をつけた2着クラージュシチーが次走で10馬身差の圧勝はプラス材料。ただ柴山は北海道の主戦として結果は出しているが、中央場所でも同じ扱いという訳ではないのでは。

 クラリティスカイは3戦目の勝ち上がり。トーセンビクトリーがそこまで大物なのかにもよるが、前走はランクAB、完全タイム差-0.9とかなり優秀。通用する余地は十分。グァンチャーレは義固定で東上。前走は行った行ったで決まりそうなところを大外から追い込んで頭まで届いた。直線勝負の新馬では間に合わなかったし、コース替わりと斤量増がポイントだが、穴の魅力はある。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1249-265237b5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。