スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

シリウスS予想

シリウスS予想
★オッズは8時10分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 近5年で単勝30倍以上が0-0-1-29/30だからそれほど大荒れは期待できないレース。ハンデと人気で分類すると上位人気になる重ハンデ馬は堅実。複勝率が7割あって、複回収率が理論値の2倍あるなら連軸としての妙味は十分。ただ重いハンデを課せられるような馬は8~9月に使われていないケースが多く、休み明け+スタミナも上がりも求められる阪神ダ2000で勝ち切れない傾向のよう。勝ち馬5頭のローテは中2~7週。減量ハンデ馬は人気サイドでもピンかパーかの成績傾向だが、今年はそれほど人気が被っていないので一発狙ってみるのも手。

ハンデ人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
定量以上5番人気以内 0- 4- 3- 3/100.0%40.0%70.0%0164
6番人気以下 0- 0- 1- 5/ 60.0%0.0%16.7%070
減量5番人気以内 5- 0- 0-10/1533.3%33.3%33.3%24685
6番人気以下 0- 1- 1-39/410.0%2.4%4.9%030

 本命はケイアイレオーネ。
このレースを勝った去年が3歳9月の53キロで、今年が4歳56キロだから定量からの1キロ貰いは同じ。3走前の仁川Sでは同じ条件で凡走してしまっているが、57キロで馬場差+0.3のやや力の要った馬場が合わなかったのか、あるいはその後またすぐに一息入れているように叩き2戦目でもそれほど状態が上がっていなかったのでは。今回は休み明けから着実に上昇しているようだし、去年優勝時の馬場差が-0.3だったのに対して、今開催の馬場差は-0.8程度で推移しているので今の気温と湿度で急に重くはならないだろう。アテにできない脚質ではあるが、叩き3走目+軽い馬場で展開が嵌れば能力的には十分足りる。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1244-8f6e0771

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。