スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

キーンランドC予想

キーンランドC予想
★オッズは8時25分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 先週の北九州記念が差し有利のレース傾向を前提に予想したら前残りになってしまい、必ずしも傾向通りの展開にはならないというオチだったが、今週のキーンランドCはレース傾向的には先行有利。差して勝ったのは第1回のチアフルスマイルぐらいだし、去年の函館代替分を除いて前半3Fを0.4秒差以内で追走していた馬の連対シェアが明確に高い。3連系のヒモには差し馬も無視できないが、基本は先行実績重視で考えるレースだろう。

上3F時差 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
0.0~0.4 6- 5- 2- 25/ 3815.8%28.9%34.2%487128
0.5~ 1- 2- 5- 63/ 711.4%4.2%11.3%1737

 本命はスマートオリオン。
前走はトップハンデ+逃げ・先行勢が総崩れの展開でも好位から連対を確保したし、前々走も前崩れのレースではあったが、最内で詰まって直線では丸々何もできなかったので着順は度外視。今年重賞を勝っているのはこの馬だけだし、他の上位人気が差し馬ばかりなので、先行馬狙いなら順当な軸馬という感じ。鞍上が休み明けなのは多少引っ掛かるが。

 マジンプロスパーは重賞で連対しているのがCBC賞2回と阪急杯2回なので実績的には急坂コース向きだが、セントウルSや阪神Cは2桁着順ばかりでサッパリだし、平坦コースでもシルクロードSは58キロ、58.5キロで2年連続4着と堅実。特定のレースで好走するタイプなら初出走の札幌が向くかどうかはやってみなければ分からない。GⅢに56キロで出られるのは有利だろう。脚質成績には差が出るレースだが、枠順成績はフラットなので先行できるなら外枠でも。

 フォーエバーマークは去年が最内枠で、今年が大外枠と両極端。枠順成績がフラットと言っても流石に逃げたい馬が大外枠では不利か。ただすんなり単騎なら粘り込む場面があっても。フクノドリームは前走アイビスSDで先行2着。アイビスSD組は去年もフォーエバーマークが勝っているが、函館分を除いても3番手以内で競馬をしていた馬が2-1-0-2/5、4番手以下が0-0-0-10/10。このレース自体が先行有利の傾向なので、前に行く競馬からの距離延長は向くローテなんだろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1222-3df14bc6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。