スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

小倉記念予想

小倉記念予想
★オッズは10時43分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はサトノノブレス。
直線の短い2ターンコースの出走歴は8走前の若葉S3着しかないので、小回り適性がどこまであるのか未知数だが、実績的にはメンバー唯一の古馬GⅡ勝ち馬で、世代限定GⅠ連対馬でもあるので、ラストインパクトと同じ、メイショウナルトに0.5キロ貰えるハンデは比較上有利だろう。古馬になって長距離を3戦使われたが、血統的にはヒカルオオゾラの半弟で、現役近親馬がエクセラントカーヴ、コレクターアイテム、キングオブロー、ショウナンダイラ等だから、長距離一族という訳でもないはず。父はディープインパクトだし、これぐらいの距離で再始動するのが実は合っているのでは。

 ラストインパクトとメイショウナルトが大外と最内の極端な枠に入った。前者は小回りコースが3-2-1-0/6、小倉での重賞勝ちもあって適性は十分。ただその6戦で外枠を引いたことが無いし、4角で外に振られるような競馬にもなっていないので、枠ナリに外を回されるような形になるようだとあるいは距離損が堪えるかも?

 後者はヤネも前走と同じなのでテンから出していきそうだが、ただ隣りのマデイラの出方がどうだろう。スタートは速くないが、3、4走前の連勝時が抑えるのを諦める格好で2角からハナという競馬。前走は出負けから包まれて終わったが、ポンとゲートを出られると展開的に厄介になる可能性はあるかも。ハンデ的にも去年は53キロで武豊の仕掛けの妙もあっただけに押さえまでで。

 ダコールは芝2000m以下で23戦して一度も掲示板を外していない堅実派だが、近走は3~5着を量産しているので恐らく単穴というタイプでもないだろう。マーティンボロも小回りコースは高アベレージだし、小倉芝2000は下級条件時ながら3勝を挙げている好相性コースなので適性は低くないはず。七夕賞とは別路線という意味ではこちらの方が一発の魅力があるだろうか。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1213-7aec7235

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。