スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

安田記念予想

安田記念 ※オッズは前売り最終

 去年のウオッカの勝ち時計は1分32秒7、直前に行われた準OPの湘南Sの勝ち時計は1分34秒3だった。
今年は前日に移動した湘南Sが重馬場で1分36秒3。
同じ馬場で安田記念をやれば34秒台後半の想定になるが、翌日までの回復分が1秒以上はあるだろうから33秒台には突入しそう。
上滑りする馬場でなければウオッカには許容範囲内だが、時計的に間に合う馬も何頭かいるのでそれなら一角崩しがあってもおかしくない。
これが2秒も回復して32秒台の勝負になれば当然ウオッカの独壇場になるだろうが、33秒台前半でも十分ウオッカ有利だろう。

 ディープスカイは馬場の回復が遅れて33秒台後半ぐらいまでの勝負になってくれるのが理想か。
時計的に未知数なので対応してしまう可能性もあるが、詰めを欠く可能性もあり、オッズを考えると押さえまでという感じ。
ちょうど2強ともが頑張れる馬場コンディションに落ち着くかどうかは微妙なところで、馬連3倍弱ではハイリスク感たっぷり。

 一角崩しの期待はタマモサポート。
本命を打ったマイラーズCでは
今回と同じ57キロを背負った京都金杯は1分32秒9の好時計で2着に2馬身差の快勝。
その2着マルカシェンクがマイルCSでスーパーホーネットと約2馬身差(3/4+1/2+1/2+ハナ)だから、机上の計算では勝負になっておかしくない。
逃げ・先行勢壊滅の流れになった東京新聞杯でも好位からよく踏ん張っている。

と書いたが、一息入って+10kgの太め残りだった。
相手が弱かったとはいえキャピタルSの勝ち方は強かったし、去年の東京新聞杯でもタイム差なしの3着でカンパニーに先着。
東京マイル巧者だけに-8kgの前走を叩いてもう一絞りあれば面白いところがあるかも。

 あと1頭選ぶなら岩田が小桧山-齊藤四方司ラインで2鞍騎乗しているスマイルジャック。
差し決着のマイラーズCでは先行して同タイムに粘り込んだ点を評価。
東京コースは5戦してすべて0.5秒以内と大崩れがないだけに、鞍上にはダービーの鬱憤を晴らしてもらいたい。

 スーパーホーネットはマイルCSが2年連続2着なのに対して、安田記念は0.8秒差11着→1.0秒差8着と一息。
上がりだけの競馬になった前走を勝ち切れてしまうあたりが、安田記念向きではない適性を示しているのかも。
ちょうどサンデーが6-4-2-26/38だったマイルCSに対して、安田記念は1-2-2-38/43と苦手にしていたのと同じ、あるいはマイルCSでの前走富士S組が0-1-0-31/32と不振なのと同じ理屈なのでは。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/120-55c3fe2e

【2009/06/07 07:49】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。