スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

安田記念予想

安田記念予想
★オッズは9時29分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はグランデッツァ。
札幌2歳S(稍)でゴールドシップ、スプリングS(重)でディープブリランテと世代トップクラスを封じて重賞2勝。馬場差は前者が+1.4、後者が設定不能と時計の掛かる馬場だった。アグネスタキオン産駒なので道悪は得意なんだろう。2000mのラジオNIKKEI杯、皐月賞で伸び切れなかっただけに距離は短めの方が向くはずだが、極悪馬場の皐月賞でも大外から押し上げては来ているので、やはり道悪自体はこなせるはず。さらに距離の延びたダービー、長休明け2戦のダートは当然ノーカウント。レコードは眉唾でも圧勝の前走はメイチで追われるシーンも無かったし、余力十分に一叩きされて最強馬に挑めるのは好ローテ。最内枠も馬群が内を空けて外に膨らめばそれほど不利にはならないはず。アップセットの条件は整ったのでは。

 ジャスタウェイの単勝が2倍? 明らかに何かを不安視されているというオッズに見えるが…。道悪適性なのか、距離短縮なのか、乗り替わりなのか?

 グロリアスデイズは2年連続で大敗していながらまた遠征してくるというのが不気味。今年は春シーズンの消化レースが少なく余力はありそうだし、何より道悪で高速競馬にはならないので、時計が掛かれば浮上してくるのかも。昨年末に香港マイルを勝っているので、馬が衰えているという訳では無さそう。日本以外への遠征歴は無いが、東京出張にはもう慣れている。

 ミッキーアイルは左回りが向かないとも、遊び遊び走っているとも聞くが、いずれにしても前走のパフォーマンスがメイチだったのかどうかがポイント。調教でもフラフラ走っているが、馬場が緩くなると馬は集中して走るようになるとも聞くし、宮記念のエーシントップのように1頭だけ埒沿いスルスルをやられると道悪での4キロ貰いは大きなアドヴァンテージになりそうなだけに。

 カレンブラックヒルも差し馬の切れ味が削がれるシチュエーションは大歓迎。ミッキーアイルに引っ張ってもらって持続力勝負なら尚好都合。馬群の先頭と埒沿いに分かれてダブル単騎逃げの形でも悪くない。道中1-1-2-4から盛り返して勝ち切ったようにしぶとさが出てきているので、前走より状態が上がっているなら見せ場ぐらいは作れていい。

 フィエロは馬場差設定不能の六甲S勝ちがあるし、前走は1~3着馬の上がりが同じで、前半の位置取り分だけ負けてしまった格好。ワールドエースは大外枠に行ってしまったし、道悪が減点材料にならないなら逆転は十分可能だろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1180-24dd2efc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。