スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

オークス予想

オークス予想
★オッズは8時40分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はハープスター。
折り合えない馬では距離は持たないが、オークスは本質的な距離適性が厳しく問われるレースではないので基本的には能力優先。レッドリヴェール不在なら順当に◎。位置取りの悪い馬ではあるが、傾向的に逃げ・先行馬の方が残りにくいレースでもあるので、よほど置かれ過ぎるポジションにならない限り間に合うだろう。

 マーブルカテドラルはイスラボニータと同タイムだった新潟2歳S組。GⅠではワンパンチ足りない結果に終わっているが、前走は状態もイマイチだった様子。調教は内めを回ったので全体時計の速さは過信できないところもあるが、馬ナリで上がり12秒台前半をマークしているので、年明け一番と言える状態までは戻ってきているのでは。前走より人気が下がった訳ではないが、東京コース2戦2勝の字面も買い材料。
アネモネS 美南W良 71.4 55.3 40.9 13.0 (8) 馬ナリ
桜花賞 美南W良 69.4 53.9 40.0 13.6 (6) 馬ナリ
オークス 美南W重 66.7 51.3 37.5 12.2 (3) 馬ナリ

 マジックタイムの前走は急遽の乗り替わりで人気を裏切った。テン乗りという訳ではなかったのであれが実力差の可能性も無くはないが、鞍上強化で巻き返しに賭けるのが妙味。ニシノアカツキは小回り2ターンの競馬だったフラワーCこそ早めに動いて不発に終わったが、年明けからの重賞路線では外を回してくる競馬でしっかり脚は使えている。末脚の威力で◎に及ぶ訳ではないが、直線勝負に賭ければ複穴の可能性はありそう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1172-63ece30b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。