スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

青葉賞予想

青葉賞予想
★オッズは8時47分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はラングレー。
前走は外から早めに動いて伸び切れないという競馬。連対馬は開幕日の競馬で内を回った距離得もあったし、距離も流れも合わなかったのなら0.1秒差はそれほど悪くはない。距離を延ばしてゆったりした道中からの決め脚勝負なら巻き返せるのでは。騎乗成績2戦2勝の戸崎を確保できず、同じノーザン系で外国人を起用してきたワールドインパクトとは勝負度合いが違うのかと思わなくもないが、ハイレベルの東スポ杯組4着馬の東京コース戻りで期待。

 出走種牡馬の東京芝2400実績を見れば、ディープインパクトに次ぐのはゼンノロブロイ。キングカメハメハはアベレージが10%以上落ちるし、その他では着度数が大きく劣る。今年のゼンノロブロイはアドミラルシップ。前走はトゥザワールドの0.2秒差。9頭立ての少頭数で連対馬が外からスムーズに加速するのに対して、4角内を突いたアドミラルは最内の馬と進路を取り合う際に一瞬の減速があったか。直線の脚色は見劣らなかっただけに立ち回りスムーズなら。

 重賞勝ちのあるマイネルフロストは実績最上位だが、距離延長が向くかどうか。ヤマノウィザードは前走が軽い捻挫だったらしいので、立て直されていればワールドインパクトに先着歴を持っている点は強調材料。ただ最終追い切りは終い11秒台と伸ばしたが、今回も半哩からしか時計を出していないし、併走遅れでもあって100%までは来ていない印象。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1157-282cb027

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。