スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

福島牝馬S予想

福島牝馬S予想
★オッズは9時10分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はアロマティコ。
ここまでの重賞成績は0-0-3-6/9。上位人気に再三推されて差し届かない競馬を繰り返す人気先行タイプが基本キャラ。ただ3回ある3着のうち2回はGⅠだから厳しいレースで台頭するタイプでもある。そして残る1回は7走前のマーメイドS。アグネスワルツがロングスパートに持ち込んでタフな流れを作った一戦で、アグネスがそのまま逃げ残って1/2馬身差2着、アロマティコがクビ差3着で、4着にはそこから3馬身差をつけた。アグネスは前走で全く行く気を見せずに控える競馬で凡走したので、叩かれた今回は本来の戦法を採る可能性があるし、厳しい流れを作ってくれれば再びアロマティコにも展開が向く可能性はある。単勝というタイプではないだろうがこの馬軸で。ついでにデータ的には近5年で9連対と強い中山牝馬S好走の斤量減組であり、去年は2着馬に寄られる不利があったリピーターホースでもある。

前走着度数勝率連対率複勝率単回値複回値
中山牝馬S0.5秒以内 5- 4- 1- 8/1827.8%50.0%55.6%249149
0.6秒以上 0- 0- 2-14/160.0%0.0%12.5%085
中山牝馬S以外 0- 1- 2-42/450.0%2.2%6.7%045

斤量着度数勝率連対率複勝率単回値複回値
中山牝馬S
0.5秒以内
今回増 3- 0- 1- 6/1030.0%30.0%40.0%330129
増減無し 0- 2- 0- 2/ 40.0%50.0%50.0%0115
今回減 2- 2- 0- 0/ 450.0%100.0%100.0%297235

 今年は中山牝馬S0.5秒差以内組がすべて人気サイドなので馬券的な妙味は薄いが、近5年で4回ワンツーなんだから今年もそうなる可能性は十分ありそう。斤量増組は単勝の妙味はあるが、連対率、複勝率はやはり斤量条件が良くなるほど上昇するので、キャトルフィーユ、ケイアイエレガントで決まる目があるかどうか。特に前者は速い時計が無いので近3年のような45~46秒台決着になった時に対応できるかどうかだろう。

 トーセンアルニカはここ2走が牡馬相手のハンデ戦で実質トップハンデを背負って好走。池添替わりはエリザベス女王杯4着の実績からかも知れないが、木村厩舎での騎乗は通算で2回だけなので、福島重賞の関東馬にわざわざ招聘されるか?という感じはある。島川オーナーは福島所属で2頭出しだし、シフト的にはかなり臭い。サドラー系メイショウサムソン産駒で速い持ち時計が無いタイプなので、この馬も時計が速くなった時に対応できるかどうか。

 堀厩舎2頭出しなら戸崎の方を買うのがセオリーだろうが、サトノジュピターの持ち時計は夏の新潟でマークしたものなので少々眉唾もの。ならば師走の中山、降雪順延の府中を含めて3走連続でマイル33秒台をマークしているレイカーラを。前走はホエールキャプチャが抜けて強かったが、牡馬の有力処を相手に2着から頭+クビ+クビ+クビの僅差。小回りコースは中山しか出走歴が無いが、4戦1、2、1、1着の好成績だから初福島への対応も可能だろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1151-1d54f69f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。