スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スプリングS予想

スプリングS予想
★オッズは8時56分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はクラリティシチー。
いちょうS、東スポ杯と異なるペースの東京芝1800でイスラボニータの0.2秒差。ホープフルSは外枠からずっと外を回して先に仕掛ける競馬でベルキャニオンに逆転されたが、内容的に劣っている訳では全くないのでこの人気差は妙味。前走がこれぞ取りこぼしという競馬になったためにまだ収得賞金400万。クラブ馬なので皐月賞での結果云々よりこのクラスの馬で出走を逃すことの方がダメージのはずで、ここは優先出走権確保が至上命題の鞍になってくる。地力上位で本気度◎となれば軸はここから。

 フラワーCの予想で「今の中山の馬場適性は今の中山で勝ち上がっている馬を狙うのが単純明快」と狙ったマローブルーは10番人気4着、マイネオーラムは11番人気6着。1番人気のショウナンパンドラ、2番人気のクリスマスと並んで4~7着は同タイムだったから人気以上に走っている。同じ手で狙うのはナスノアオバ。ネオユニヴァース×ホワイトマズルの配合で、未勝利勝ちが馬場差設定不能、水仙賞勝ちが+1.4だから力の要る馬場は全くマイナスにならないタイプ。大外枠なので序盤の立ち回り次第だが、逃げ一手という訳でもないし、うまく有力馬の駆け引きの外で競馬ができれば。

 リーゼントロックは初芝だが、今の中山ではこういうタイプが重賞レベルでも走ってくる可能性がある。道悪の高速ダートで2戦2勝、完全タイム差が-0.3、-0.4と優秀なので、芝が全くダメでない限りは今の馬場なら面白い。父ダイワメジャーはダートで勝ち上がって、スプリングS3着から皐月賞へ駒を進めた戦歴を持っており、それを踏襲しないとも限らない。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1122-dee14b1b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。