スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フィリーズレビュー予想

フィリーズレビュー予想
★オッズは7時58分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はグランシェリー。
阪神、中京と坂コースで2連勝して、直線平坦の京都で6着。ファンタジーSは馬場差-1.1とスピードが活きる条件だったので、0.4秒差まで来ていれば上々とも取れる。距離が延びて切れる脚を使えるタイプでもないだろうから阪神JFはそもそもノーカウントだが、外枠で出負けして4角も大外と位置取り、コース取りにロスもあった。フィリーズレビューで34秒台前半の脚が要求されることはまず無いし、阪神は前週日曜の馬場差が±0、前日の1600万で1分21秒8だからそれほど速い時計が出るコンディションでもない。ダート実績兼備の馬にパワー寄りの条件はプラス。一週前には坂路一番時計、当週は上がり重点で12秒7-12秒3と仕上がりも良さそうなので一発期待。

 シュシュブリーズは阪神芝1400ならディープインパクトよりアベレージが高いフジキセキ産駒で、近親にはコルポディヴェント、マエストラーレ、チュウワブロッサムといったダート活躍馬が出ている母系なので、京都マイルからの条件替わりはプラス。前日のうずしおSの勝ち馬もフジキセキ産駒だった。長休明けの前走はCW81秒9-39秒0-13秒7(6)馬ナリと上がりが掛かっていたが、今回はCW82秒9-38秒2-12秒2(6)馬ナリと終いを伸ばせているので、叩かれた効果はありそう。

 エスメラルディーナはダートの新馬勝ちがランクAC。中弛みの中盤から完全タイム差-1.1を引き出していて、かなり長くいい脚を使えている。前走もスローだったし、距離短縮で流れる道中にしっかりペース対応できれば能力的には足りそう。あとは阪神芝1400に勝ち鞍のあるホッコーサラスター、リアルヴィーナス、ダンスアミーガまで。

 阪神JFで勝ち馬から0.4秒差、次位馬に0.6秒差をつけたホウライアキコまでは能力上位と取れるのでここも地力で来そうな感じがするが、母父ボストンハーバーでスピード寄りのベルカントがタフな条件で来るのかどうか、過去3走とも時計レベルの高いヤマノフェアリーに前走の再輸送の反動があるのかどうかが馬券的な勝負処。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1115-b78eb93f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。